忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[395] [394] [393] [392] [391] [390] [389] [388] [387] [386] [385
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・フィアちゃん先生
猫耳ロリ三十路。デュエマに関してはほぼ初心者である。
98d71e61.png









・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。フィアちゃん先生にデュエマの色々な事を教える。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。アシスタント的な存在。

前回までのあらすじ
ドリームパック4はエントリーデッキの強化に最適なので、ネギ博士は《ボルシャック・大和・ドラゴン》を入れた『サムライ・アンビシャス』を組んだ。
「《ボルメテウス・武者・ドラゴン》の能力を引き出すには、こいつの力が必要なんだ!」
ネギ博士はそう力説したが、本当は好きだから入れたのである。

ネギ博士「さあ、今回でドリームパック4の研究も最後だ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:いつにも増してあらすじがひどいよ!本当に、好きだっていう理由だけで入れたの?)」
フィア「好きなカードを使うのは、デュエマが上手になるために必要な事なのじゃ」
ネギ博士「そうだとも。私もルール無視していいのなら、全部《ボルシャック・大和・ドラゴン》のデッキを組みたい」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:フィア先生みたいな事言わないでよ!)」
フィア「今回でドリームパック4の解説は最後。今回はコモンカードの解説を行うのじゃ!」
ネギ博士「量が一番多いのがコモンカードなんだよね。癖が少なくて使いやすい」


◆コモン◆
わん太ちゃん「わんわん(訳:コモンのカードは基本的なカードが多いんだ。上級者もデッキに4枚入れるようなカードがあるよ!)」

・《予言者リク》
フィア「自分のシールドが2枚以下だったらシールドを1枚増やせるシールド・トリガークリーチャーなのじゃ!速攻対策に使ったり、《ボルメテウス・武者・ドラゴン》のように自分でシールドを減らしてしまうクリーチャーを入れたい時に使ったりするといいのじゃ!」

・《時空の守護者ジル・ワーカ》
ネギ博士「破壊された時に相手クリーチャーを2体もタップしてくれるなんて素敵過ぎる!相手クリーチャーを最大で3体止められるぞ!」

・《雷光の使徒ミール》
わん太ちゃん「わんわん(訳:出た時に相手クリーチャーを1体タップするクリーチャーだよ。相手クリーチャーを無理矢理タップして攻撃しよう!)」

・《霊山の守護者ビックス》
ネギ博士「エンジェル・コマンドが破壊される時身代わりになってくれる……んだけれど、どうもパッとしないんだよね」

・《蒼天の守護者ラ・ウラ・ギガ》
フィア「1コストと最軽量のブロッカー!シールドは攻撃できないけれど、相手のクリーチャーは殴れるのじゃ!」

・《ロジック・キューブ》
わん太ちゃん「わんわん(訳:好きな呪文を山札の中から持ってきてくれるシールド・トリガー呪文。デッキに1枚しかない呪文とか、コンボに必要な呪文を探すのに使うといいかも)」

・《電磁麗姫ジェリー》
ネギ博士「場に出た時に1枚引けるシールド・トリガークリーチャー。サイバーロードは進化先が豊富だから、使ってみるのもありかな?」

・《アクア・アナライザー》
フィア「場に出た時、山札の上から5枚を見て好きな順番に並べ替えるクリーチャー。欲しいカードを上に持ってくるのじゃ!」

・《キャンディ・ドロップ》
ネギ博士「ブロックされない、というシンプルながら厄介な能力を持ったクリーチャー。ただし、パワーが低いのでそんなに強くないんだよね」

・《アクア・ガード》
わん太ちゃん「わんわん(訳:最軽量、1コストのブロッカーだよ。リキッド・ピープルは進化先が多いから後半は進化しよう!)」

・《エナジー・ライト》
ネギ博士「超重要基本カードの一つ。2枚、カードを引くという定番中の定番カードだ!」

・《シークレット・クロックタワー》
わん太ちゃん「わんわん(訳:《エナジー・ライト》よりも軽い2コストのシールド・トリガー呪文。山札の上を3枚見て1枚を手札に、1枚を山札の上に、1枚を山札の下に置くカードだよ。引ける量は少ないけれど、3枚から選べるのはいいかも)」

・《ヤミノサザン》
ネギ博士「場に出た時に全ての相手クリーチャーのパワーを1000減らすシールド・トリガークリーチャーだ!抱きしめたくなるくらいかわいいのもポイントだぞ!」

・《卵胞虫ゼリー・ワーム》
フィア「攻撃すると相手の手札を1枚捨てるクリーチャーなのじゃ。何度も攻撃して相手の手札をなくしてやるのじゃ!」

・《ダーク・ルピア》
わん太ちゃん「わんわん(訳:自分のドラゴンが破壊されると、相手クリーチャーを1体破壊できるんだ。相手はドラゴンを破壊しにくくなるから、一気に攻撃だ!)」

・《ブラッディ・ドラグーン》
ネギ博士「バトルをすると破壊されてしまうが、2コストなのにパワーが4000もあるパワフルなブロッカー。速攻相手に出しておくと、軽いクリーチャーと相討ちできるぞ!相手の足を止めて切り札を出すまで守り抜くんだ!」

・《リバース・チャージャー》
フィア「墓地のクリーチャーを1体手札に戻し、使った後はマナに行く呪文なのじゃ。手札破壊の対策や大事なカードを守るために入れておくといいのじゃ!」

・《ゴースト・タッチ》
ネギ博士「2コストと軽くシールド・トリガーもついていて相手の手札を1枚ランダムで選んで捨てるという呪文。手札破壊の中でこれから見かける事が多くなりそうな1枚だ!」

・《フレイムバーン・ドラゴン》
わん太ちゃん「わんわん(訳:エントリーデッキにも入っていたアーマード・ドラゴンだね。場に出た時に、相手のパワー4000以下のクリーチャーを1体破壊できるんだ!パワーはそんなに高くないから、進化するといいかもね)」

・《超銃士ボルガン》
ネギ博士「4コストでパワー2000でパワーアタッカーが3000ついている。進化しようにも進化先も多くないし、これを使いこなすのは難しいぞ」

・《ムラマサのコンセント》
フィア「場に出た時に相手のパワー1000以下のクリーチャーを1体破壊するシールド・トリガークリーチャーなのじゃ!いきなり、出て相手を驚かせてやるのじゃ!」

・《クック・ポロン》
ネギ博士「攻撃されない2コストのクリーチャー。パワーが高いクリーチャーも攻撃でこいつを倒す事は不可能だ!アタックトリガーみたいなクリーチャーの能力とか呪文とかでは破壊されるので注意」

・《凶戦士ブレイズ・クロー》
わん太ちゃん「わんわん(訳:1コストのクリーチャー。毎ターン、攻撃しなくちゃいけないから、《火炎流星弾》でブロッカーを破壊して道を作ってあげようね)」

・《ボルカニック・アロー》
フィア「自分のシールドを1枚破壊して相手のパワー6000以下のクリーチャーを破壊するという《ボルメテウス・武者・ドラゴン》みたいなシールド・トリガー呪文なのじゃ!ただし、これはシールドが0でも使えるから注意が必要なのじゃ!」

・《緑神龍グレガリゴン》
ネギ博士「軽いW・ブレイカーのドラゴン。パワーアタッカーだから、攻撃の後の隙が大きい。そこは注意が必要だ!」

・《青銅の鎧》
わん太ちゃん「わんわん(訳:超重要な基本カードの一つだよ!出た時に山札の上から1枚をマナに置けるクリーチャーなんだ。マナを増やして巨大クリーチャーを出しちゃおう!)」

・《炎のたてがみ》
ネギ博士「コスト2でパワー2000という普通のクリーチャー。普通すぎてコメントのしようがないのは仕様である」

・《冒険妖精ポレゴン》
フィア「1コストで攻撃もできるクリーチャーなのじゃ!シールドをブレイクしたら手札に戻るから、相手は反撃しづらいのじゃ!」

・《レインボー・ストーン》
わん太ちゃん「わんわん(訳:4コストで山札の中から好きなカードを1枚、マナゾーンに持ってくる呪文だよ。マナからカードを出すカードや、《母なる聖域》みたいなカードと組み合わせてみよう!)」

・《ディメンジョン・ゲート》
ネギ博士「クリーチャーを山札から探すシールド・トリガー呪文。速攻相手にシノビを探して防御だ!」

・《霊王機エル・カイオウ》
フィア「2コストなのにパワーが4500もあるブロッカーなのじゃ!パワーを活かすために、相手クリーチャーをタップしてやっつけるのじゃ!」

・《封魔ハリセンモン》
わん太ちゃん「わんわん(訳:ブロックされない軽量クリーチャー。速攻デッキに入れたり、《ジャック・ヴァルディ》みたいな多色進化の進化元に使えるね)」

・《ミラクルとミステリーの扉》
ネギ博士「山札の上を5枚めくり、その中から相手が選んだクリーチャーを出すシールド・トリガー呪文だ。強力なクリーチャーばかりを入れたデッキを組んでみようぜ!」

・《腐敗無頼トリプルマウス》
フィア「出た時に山札の上を1枚マナにして、相手の手札をランダムで選んで捨てる便利なクリーチャーなのじゃ!一気にマナを増やして切り札を出すのじゃ!」

・《無頼勇騎ゴンタ》
わん太ちゃん「わんわん(訳:2コストで、攻撃できるクリーチャーなのにパワーが4000もあるんだ。序盤でこのパワーは強烈だよね)」

◆進化元と進化先◆
ネギ博士「ドリームパック4には、進化元のクリーチャーと進化先のクリーチャーがいい感じに揃っている。↓の例を見てもらおう」

《アクア・ガード》+《クリスタル・ブレイダー》
《ラ・ウラ・ギガ》・《ジル・ワーカ》+《ラルバ・ギア》
《ゼリー・ワーム》・《ブレードワーム》+《カオスワーム》
《青銅の鎧》+《大勇者「ふたつ牙」》

わん太ちゃん「わんわん(訳:《アクア・ガード》から《クリスタル・ブレイダー》は簡単につなげられそうだね。進化が多いって事は、究極進化にもつなげやすいって事かな?
究極進化のカードを持っていて進化クリーチャーがあまりないっていう人はドリームパック4のカードを集めるといいかもしれないね)」

◆あれとあれを組み合わせろ!◆
フィア「ドリームパック4はいいカードばかりなのじゃ!頭を使ってそれらを組み合わせればさらにすごい事になるのじゃ!ネギ、コンボを紹介するのじゃ!」
ネギ博士「私が紹介するのかよっ!今の流れだったら先生が紹介するなんじゃないんすか?」

《エル・カイオウ》+《ミール》
ネギ博士「結構、定番なタップキル(タップ&デストロイとも言われる)と呼ばれる手段。
2ターン目に《エル・カイオウ》みたいなクリーチャーを殴れるブロッカーを出す。そして、3ターン目に《ミール》を出してタップして《エル・カイオウ》でタップされたクリーチャーを攻撃して破壊するという単純なものだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:シールドを攻撃できないブロッカーは普通のクリーチャーよりパワーが高いからこういう事ができるんだ。《エル・カイオウ》以外にも色々なブロッカーで試してみるといいよね)」
ネギ博士「ただし、攻撃できるのは光文明のブロッカーばかりだ。水や闇のブロッカーは殴れない事が多いから注意!」

《ジル・ワーカ》+《ディオライオス》
ネギ博士「《ジル・ワーカ》の相手クリーチャー2体タップを能動的にやるコンボだ。
自分の《ジル・ワーカ》がいる時に《ディオライオス》を出して《ジル・ワーカ》を破壊。相手がクリーチャーを選んで破壊した後、《ジル・ワーカ》の効果で場に残ったクリーチャーをタップ!」
フィア「今度、出る《時空の火焔ボルシャック・ドラゴン》みたいに、バトルに勝つと能力を発揮するクリーチャーと組み合わせてみたいコンボなのじゃ!」

《ダーク・ルピア》+《バベルギヌス》
ネギ博士「さっきのコンボと同じで、受動的な効果を能動的に使おうというものだ。
《ダーク・ルピア》はドラゴンが破壊されないと効果が発揮できない。だから、《バベルギヌス》を出して《バベルギヌス》自身を破壊。墓地からクリーチャーを出した上に相手のクリーチャーを1体破壊できるぞ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ここではドリームパック4のカードだけで使えるコンボにしたけれど、《ヘヴィ》や《ゼキラ》みたいに、自爆できるドラゴンなら何を組ませてもいいよね)」

ブロッカーあれこれ+《ダイヤモンド・グロリアス》
ネギ博士「コンボというか、デッキを組む手段に近い。
軽いブロッカーを並べまくって《ダイヤモンド・グロリアス》を召喚。すると、ブロッカーがシールドを攻撃できるようになるから一斉攻撃を仕掛けられるのだ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:攻撃できないブロッカー(例:《アクア・ガード》など)がいる時に《ダイヤモンド・グロリアス》を出しても、攻撃できないブロッカーはクリーチャーを攻撃できないから注意。この効果で攻撃できるのは相手プレイヤーだけだよ!)」

◆サーチカードあれこれ◆
わん太ちゃん「わんわん(訳:ドリームパック4には、山札の中からカードを探して手札に加えるカードがいっぱいあったね)」
フィア「《エナジー・ライト》だったら2枚も引けるのに、サーチのカードは1枚だけなんてケチなのじゃ!」
ネギ博士「そんな事はないですよ。本当に欲しいカードを効率的に手札に持ってくるのには、サーチカードは必要不可欠です。それに、山札の中を見られるのでシールドに何が入っているか判るではないですか!」
フィア「おおっ!そう考えると強そうな気がしてきたのじゃ!サーチカードをいっぱい入れるのじゃ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:でも、1枚しか持って来られないんだよ)」
ネギ博士「時には質より量って時もある。そんな時は《エナジー・ライト》みたいな普通のドローを使おう!」

◆比べてみよう!単色VS多色◆
ネギ博士「ドリームパック2以降からドリームパックには毎回、多色のカードが入るようになった。ここで多色カードの長所と短所についておさらいしよう」

・多色の長所
単色に比べて強力
マナにある時好きな文明のマナを選んで出せる

・多色の短所
使うのに複数の文明のマナが必要
マナに置かれた時、タップした状態で置かれる(置いたターンにマナを出せない)

ネギ博士「こんなところかな。細かい事はこの記事を読んで理解して欲しい」
フィア「多色の方が単色より強力って言われてもよく判らないのじゃ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:例えば、2コストのクリーチャーで《炎のたてがみ》と《無頼勇騎ゴンタ》があるよね。同じコストだけど、単色の《炎のたてがみ》よりも《無頼勇騎ゴンタ》の方がパワーが2000高いんだ)」
ネギ博士「他にもブロックされないクリーチャーで《キャンディ・ドロップ》がありますね。コストは3でパワーは1000です。しかし、多色の《ハリセンモン》は2コストでパワーも2000です」
フィア「なるほど。じゃ、デッキに入れるカードを全部多色にすればいいのじゃ!」
ネギ博士「そんな事をしたら動きが遅くなるじゃないか!」

◆おわりに◆
ネギ博士「長々と続けていたドリームパック4の研究シリーズもこれで最後である。他の人に比べてかなり甘い評価にしたのは、性格上の問題だと思っている。全体的に初心者向けを意識したので、コラムも中級以上の実力を持っている人には退屈なものかもしれないね」
わん太ちゃん「わんわん(訳:神化編と組み合わせても使えそうなカードや、これからのカードと組み合わせられるカードとかもいっぱいあったね!)」
フィア「よし!これらのカードを見直して最強デッキを作る準備をするのじゃ!」
ネギ博士「ならば、最強デッキのために《ボルシャック・大和・ドラゴン》を入手するんだ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:博士は《ボルシャック・大和・ドラゴン》から離れてよ!)」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]