忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[840] [839] [838] [837] [836] [835] [834] [833] [832] [831] [830
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/12 みみくん]
[10/30 みみくん]
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。好きなマグナムはビクトリーマグナム。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。好きなマグナムは《単騎連射マグナム》。
・やすし仙人
謎の仙人。安くて強いデッキを作るのが好き。好きなマグナムは《早撃人形マグナム》。

ネギ博士「わん太ちゃん!《レッドゾーン》4枚入れたデッキ組んだから対戦して!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:いいよ!ぼくもスーパーレアを4枚入れたデッキを組んだんだ!)」
???「こらー!ネギよ、何をしておるかー!」
ネギ博士「あ、あなたはやすし仙人!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:博士、この仙人みたいな人誰?)」
ネギ博士「このお方は安くて強いデッキを作る事を私に教えてくれた偉い人、やすし仙人だ。最近、思いついた新キャラとかじゃないぞ!」
わん太ちゃん(最近、思いついた新キャラなんだ……)
ネギ博士「やすし仙人、何故、ここへ?」
やすし仙人「お前が最近高額レアカードを使ったデッキを組んでいると聞いてやってきたのじゃ。ネギよ、我が流派の掟を言ってみよ」
ネギ博士「はっ!流派激安流は『安く!強く!簡単で誰でも組めるデッキのアイディアを提案して色々な人の役に立とう!』が掟です」
やすし仙人「じゃが、今のお前は高額レアカードに取りつかれておる。流派激安流を破門にされたくなかったら、安くて強いデッキを作るのじゃ!」
ネギ博士「安くて強いデッキを組めば破門されないのですね?」
やすし仙人「そうじゃ」
ネギ博士「だが、断る」
やすし仙人「何ぃぃ~っ!?」
ネギ博士「このネギ博士の好きな事の一つは、「こいつ何かやってくれそう」と思って頼みごとをする人にNOと言う事だ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:博士、そういうのはやめて!)」
ネギ博士「でも、いいでしょう。やりましょう。ここまでくだらないネタで引っ張り過ぎてグダグダなんでそろそろ始めないとモニタの向こう側の人に怒られそうですし」


◆ネギ博士が作った安くて強いデッキその1◆
『赤い弾丸』
・クリーチャー
4 x 凶戦士ブレイズ・クロー
3 x 小さな勇者ゲット
4 x 爆斬刀 ダルモア
2 x 勇気伝承 ゲット Jr.
4 x 爆冒険 キルホルマン
4 x 音速のナックルショット
3 x 斬斬人形コダマンマ
4 x 鬼切丸
4 x 音速 ニトロフラグ
4 x モエル 鬼スナイパー
・進化クリーチャー
4 x 音速 ガトリング

・このデッキの主な戦い方
2ターン目に《キルホルマン》を召喚してスピードアタッカーに!
さらに侵略で《ガトリング》に進化!
他にも《鬼切丸》や《ニトロフラグ》などのスピードアタッカーで目にも留まらぬスピードでシールドをブレイクしまくって勝て!

ネギ博士「これは夏のDMGPでも活躍した火単文明速攻を簡略化したヒューマノイド速攻デッキ『赤い弾丸』だ」
やすし仙人「ふむ。大会で結果を残したデッキをベースにするとは考えたな。間違いなく強いデッキになるじゃろう。じゃが、これは安くて簡単に作れるデッキなのか?」
ネギ博士「簡単ですとも。ほとんどのカードはコロコロ付録になったりイベントで配られたりした『コロコロ限定ドギラゴンデッキ』で入手できます。それ以外のカードもほとんど1年以内に発売されたカードです」
わん太ちゃん「わんわん(訳:詳しくは下のリストを見てね!構築済みデッキや拡張パックの名前をクリックすると詳しく判るよ!)」
凶戦士ブレイズ・クロー
小さな勇者ゲット
爆斬刀 ダルモア
音速 ガトリング
勇気伝承 ゲット Jr.
爆冒険 キルホルマン
音速のナックルショット
音速 ニトロフラグ
音速 ニトロフラグ
鬼切丸
モエル 鬼スナイパー
斬斬人形コダマンマ
音速 ガトリング

ネギ博士「このデッキで特に重要なのは、切り札の《ガトリング》4枚、2コストでスピードアタッカーになる可能性がある《キルホルマン》4枚だけです。何故、これらが大事なのか説明しましょう」

◆《音速ガトリング》が重要な理由◆
ネギ博士「このカードはこのデッキの切り札だ。これを活かしつつ、速攻で勝つ。これがこのデッキのコンセプト」
わん太ちゃん「わんわん(訳:《ガトリング》はヒューマノイドが攻撃した時に侵略できるから、ヒューマノイドをたくさんデッキに入れないといけないよね)」
ネギ博士「そうなんだ。しかも、出来る限り早く侵略したいから軽いヒューマノイドが必要になる。軽いヒューマノイドとなると、大体2コストだ」

◆《爆冒険 キルホルマン》が重要な理由◆
ネギ博士「《キルホルマン》は登場時、山札の一番上を墓地に置く。それがドラゴンかヒューマノイドならスピードアタッカーになる。《ガトリング》に侵略するためにヒューマノイドをたくさん入れたデッキなら高確率でスピードアタッカーになるぞ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:手札に《ガトリング》があれば、2ターン目に侵略できるんだね)」

◆2コストはこんなカードを選んでみよう!◆
やすし仙人「ネギよ、重要なのはこの2種類8枚と言っていたが、デッキは全部で40枚。他のカードはどうする?」
ネギ博士「まず、2コストから説明しましょう。これは出来るだけ、2コストで攻撃できる火文明のヒューマノイドにします」
やすし仙人「その理由は?」
ネギ博士「軽い《ガトリング》の進化元だからです。《キルホルマン》が引けなくても、2ターン目に《ガトリング》の進化元が出ていれば3ターン目には侵略できます。充分速い」
やすし仙人「デッキレシピに入っているヒューマノイドでなくても良いのじゃな?」
ネギ博士「真似するのであれば、自分で持っている攻撃可能な2コストのヒューマノイドならばOKです。《コダマンマ》は手札補充用なので、持っていないか「俺はヒューマノイドがあればいい!」って人は入れなくてもOKです」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:さすがに雑すぎるよ!もっと詳しく教えて!)」
ネギ博士「できればパワーが強い奴だといい。パワー1000より2000!パワーが高いと破壊されにくい!」

◆3コストはこんなカードを選んでみよう!◆
やすし仙人「3コストはどうする?」
ネギ博士「このデッキで選んだ2体はスピードアタッカーと味方をスピードアタッカーにするクリーチャーです。私は3コストのヒューマノイドの中から『スピードアタッカー』『パワーが高い』という条件を満たした《鬼切丸》と《ニトロフラグ》を選びました」
わん太ちゃん「わんわん(訳:《ニトロフラグ》がスピードアタッカーになる条件が難しい時は《音速シュタタ》みたいな条件なしでスピードアタッカーになるようなヒューマノイドでもいいかも!)」

◆おわりに◆
ネギ博士「今回のおさらいだ!」

・《ガトリング》を活躍させたいから攻撃できる軽いヒューマノイドをたくさん入れる!
・2ターン目にスピードアタッカーになる《キルホルマン》は4枚!
・2コストは殴れて破壊されにくいヒューマノイドを入れる!
・3コストはスピードアタッカーのヒューマノイドを入れる!

やすし仙人「この4つを守れば、火単文明のヒューマノイド速攻デッキを作れるのじゃな」
ネギ博士「そうです。安く!強く!簡単!流派激安流の教え通りでしょう」
わん太ちゃん「わんわん(訳:これで破門はなしだね)」
やすし仙人「もう1つ、別の文明で流派激安流らしいデッキを作れば破門は無しにしよう」
ネギ博士「考えるの面倒くさいから、構築済みデッキ買ってきてそのままじゃ駄目ですか!」
やすし仙人「そんな事を言う奴は破門じゃ!」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]