忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[625] [624] [623] [622] [621] [620] [619] [618] [617] [616] [615
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/12 みみくん]
[10/30 みみくん]
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。

ネギ博士「一つ、謝らなくてはならない事がある。このカテゴリの名前は『流行りのアレに勝て!』だ。だが、もうすぐダークサイドが発売になるので、今回と次回紹介するのが流行りから外れるものになるかもしれん!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:早く書かないからそうなるんだよ!)」
ネギ博士「ううむ。失敗失敗。今回は、《M・ロマノフ》のデッキに勝つ方法について書くぞ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:博士、それは去年、この記事でやったじゃない)」
ネギ博士「その記事を書いてから一年以上が経ったからね。超次元呪文もサイキック・クリーチャーも増えたし、《M・ロマノフ》自身の殿堂入りもあった。
ある程度同じ事の繰り返しになるけれど、もう一度《M・ロマノフ》対策を考えてみようと思うんだ」


◆《M・ロマノフ》のデッキってどんなの?◆
ネギ博士「今、現在の《M・ロマノフ》のデッキとはどんなものなのか?まずは、それを把握しておこう」
わん太ちゃん「わんわん(訳:《M・ロマノフ》を使ったビートダウンっぽいデッキだよね。《M・ロマノフ》の火文明とマナブーストの自然文明がメインで、水か闇のいずれかが入っているデッキだよ!)」
ネギ博士「時々、水と闇の両方が入っていたりほんの少し光が入っている事もある。
主な流れは2ターン目に《幻緑の双月》みたいなカードか《ジャスミン》などでマナを増やし、3ターン目に《進化の化身》で《M・ロマノフ》をサーチ。この時《幻緑の双月》みたいなクリーチャーが残っていたらシールドを攻撃する事もある。4ターン目にはマナゾーンのカードが5枚揃っているので、手札から5コストの超次元呪文使うか《M・ロマノフ》でマナゾーンから超次元呪文を使ったりする。
最近では、《超次元シューティング・ホール》から《ガイアール・カイザー》が出てくる事が多いので2ターン目に《幻緑の双月》から始まった場合は4ターン目で決着がついてしまう事もある」
わん太ちゃん「わんわん(訳:その後も《大神秘イダ》とかが出てくる事もあるよね)」
ネギ博士「うむ。終わらない怒涛の攻撃。それが《M・ロマノフ》のデッキの特長だ」

◆対策その1:ビートダウンデッキを使う◆
ネギ博士「それでは、《M・ロマノフ》デッキの対策について考えてみよう。対策として最初に挙げたいのはビートダウンデッキを使う事だ」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:博士!いくらビートダウンが好きだからってまたビートダウンの宣伝をしないでよ!)」
ネギ博士「宣伝っていうなよ~。ちゃんと意味があって言ってるんだよ。
《M・ロマノフ》のデッキは確かに速い。だけど、同じくらい速いビートダウンもいっぱいある。5ターン目くらいに決着をつけるビートダウンデッキならば、うまく立ち回るか、《M・ロマノフ》のデッキよりも先にバトルゾーンにクリーチャーを大量に並べてしまえばスピードで勝てる!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:最近では《タイガ》みたいな軽いスピードアタッカーもあるから、ごり押しできそうだね)」

◆対策その2:相手の動きを遅くする◆
ネギ博士「《M・ロマノフ》デッキの何がヤバいって、とてつもないスピードで《ガイアール・カイザー》みたいな切り札級のクリーチャーを出してしまう事がヤバいんだ。だから、とてつもないスピードを追いつけるスピードまで落としてやればいい
わん太ちゃん「わんわん(訳:妨害して相手の速度を落とすんだね。でも、どうやって?)」
ネギ博士「色々な妨害カードを使うのさ。よく見てな。
まず、《タイム・トリッパー》でマナの動きを妨害だ。マナの動きを止めてやれば、最速の動きはできなくなる。
次に《百発人形マグナム》。サイキック・クリーチャーはコストを支払わずに出すものだから、《マグナム》の効果で出しにくくなるぞ!《ムシャ・ホール》には相性が悪いけれど、それ以外の超次元呪文には強いぞ!
最後に《スベンガリィ・クロウラー》。《M・ロマノフ》が能力を使うには攻撃が必要だけれど、これを使えば《M・ロマノフ》が出てから1ターンは攻撃をさせずに済むぞ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:時間稼ぎのカードはいくつかあるんだね。時間を稼いでいる間に自分の切り札を出して自分のペースに持って行けばいいんだね)」
ネギ博士「その通りだ。妨害しつつ、自分の場もきちんと作り上げる事が大切だぞ」

◆対策その3:ブロッカーを大量に並べる◆
ネギ博士「速攻対策の基本はブロッカーをたくさん並べる事だ。だから、2ターン目辺りからブロッカーをどんどん出してみたらどうかな?」
わん太ちゃん「わんわん(訳:そんな事しても、《シューティング・ホール》にやられちゃうよ!)」
ネギ博士「確かに《シューティング・ホール》はどんなブロッカーでも破壊できる。だが、1体だけだ。複数並べておけば1体やられただけでも問題ではない!
それに《ジル・ワーカ》や《ミ・アモーレ》みたいに破壊されたら、効果で相手クリーチャーの動きを止めるような奴を出しておけば、時間稼ぎができる。
ブロッカーをたくさん出して相手の動きを防いだら、《ウッズ》みたいな切り札を出して攻撃に転じてみよう」

◆おわりに◆
ネギ博士「ブロッカーを大量に並べるってやり方は中級以上になるとあまりやらなくなるから、ノーマークになっている。だから、意外と効くかもしれない」
わん太ちゃん「わんわん(訳:正面から突破するにしても、妨害するにしても、軽いカードが必要だね。ちまちました妨害しか出来ないかもしれないけれど、それでうまく自分のペースに持って来なくっちゃ!)」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]