忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[420] [419] [418] [417] [416] [415] [414] [413] [412] [411] [410
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。
・まなみさん
無口な脳内助手の少女。
30cc4937.png










ネギ博士「前回、こういう企画についての記事を書いた。あれからほんの少しルール整備をしたので、今回はそれについて書くよ!」
まなみさん「……罰ゲーム。……くすっ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ま、まなみさんもノリノリだね)」


◆企画の正式名称決定◆
ネギ博士「この企画もようやく正式名称が決まったぞ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ネギ博士プレゼンツアフターサイキック(仮)ルールDM小説キャラ激突バトル(仮)じゃ長いし(仮)が2個も入るからいやだよね)」
ネギ博士「そうだ。そんな長いのは私も覚えられない。だから、短くて覚えやすい大会名称にしたぞ!
その名も『第2次スーパーデュエリスト大戦~そして、とし子は今~』だ!」
まなみさん「……変」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:とし子って誰!?)」
ネギ博士「第2次としたのは、あかがねさんがやって下さったのを第1回のDM小説と実際のバトルのクロス企画として、その魂を勝手に引き継いだと言い張っているからなのだ!今後、誰かが第3次とか第4次とかやってくれるだろう!
よし!正式名称も決まったところで、ルールの再確認と整備だ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:だから、とし子って誰!?)」

◆『第2次スーパーデュエリスト~そして、とし子は今』ルール◆
 ●やる場所
DM vaultさんの対戦ルーム

●開催日時
8月28日午前0時スタート

●主なルール
・使えるカードはエントリーデッキ(サムライ・アンビシャス、エターナル・デス)からレジェンド7までのPSとマークがついたカード(プロモ含む)

・参加者は自作の小説のキャラクターを2人選ぶ。そして、選んだキャラクターのデッキを作る。ただし、選ぶキャラクターは2010年8月7日までに作中で一度でも対戦をし、そのデッキ内容がある程度明らかにされている者のみとする。

・クロスカップのPKキャラを選んでもよい。

・参加者は8月25の午前0時までに作ったデッキ2つを公開し、『ネギふゆ』に公開した場所のURLをコメントで書く(デッキの公開場所はブログの記事でもDM vaultさんでもOK)

デッキ公開が遅れた場合(やむを得ない理由だった場合を除き)スペシャル罰ゲームが用意されている

・デッキを公開するのと同時に使用キャラクター2人の名前を記入する

・総当たり戦

・対戦は一本勝負

・対戦で使うデッキは2つの内、1つを選ぶ。どちらを選んだかは秘密にする。

・勝率が最も高い者が優勝者(スーパーチャンプ)となる。

・勝率が最も高い者が2人以上いた場合、決勝戦を行う。

勝率が最も低い者には罰ゲームがある。

・勝率が最も低い者が複数いた場合、全員罰ゲームをする。

●罰ゲームのルール
選んだ小説のキャラクターと一緒に反省会をして、ブログに記事を書く

●デッキ公開が遅れた場合の罰ゲーム
Twitterでネカマ言葉で30ツイート以上つぶやく。もしくはブログで3件以上ネカマ言葉で書く。

●優勝賞品について
優勝者への賞品を出す可能性は限りなく0に近いが、ネギ博士がワルノリして暴走した場合、出る場合がある。賞品が何になるかは決まっていない。出るとした安っぽいものになるだろう。

ネギ博士「こんな感じかな。前回のからちょこっと追加した。重要な部分は赤くしてあるよ」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:赤くなってるの罰ゲームに関するところだけだよ!他にも重要な事があるのに!)」
まなみさん「……罰ゲームは一番大事」
ネギ博士「罰ゲームに関する話は措いといて。これで開催日時とかデッキ公開日時とかも明確になったと思う。デッキ公開までの時間をずらした。これでレジェンド7を追加した調整がしやすくなったんじゃないかな?」

◆おわりに◆
ネギ博士「既にあかがねさんとプラズマさんがやる気になってくれているようだった。後で正式なエントリー募集の記事を書こう。
あと、私は既に使用キャラを1人決めている」
一本杉「それは当然、俺だよな!」
まなみさん「……急に出てきた」
ネギ博士「でも、今回のルールだと《ジャック・ヴァルディ》使えないよ
一本杉「ぐっ……!だ、だけど、《エグゼドライブ》はないか?」
ネギ博士「《エグゼドライブ》もないよ
一本杉「ちくしょー!」
ネギ博士「『とし子』ルールだと超次元のブラフができないかな~とか思ったけれど、デッキを事前に公開する事でできるブラフとかもあると思うんだ。ちょっとしたルールの悪用とかも頑張ってもらいたい」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
今晩和、です。クロス企画の準備、お疲れ様でございます。
絶賛デッキぶん回し中、あかがねでございます。

えーっと、ツイッターと自分のブログでも明言しました通り、今回の企画には是非参加させて頂きたく思います。
ルールの方も自身のクロス企画によるバトルロイヤルとはまた一風違う対戦方式で、良い感じだと思います。

ただ、この対戦方式に関する提案なのですが、参加人数がもし少なければ、一戦ではなく三本勝負で行くのはどうでしょうか?
以下、提案に関する詳細なのですが…

1、まず、用意したデッキ二つの内から一つを選んでデュエルを行う。
2、続けて、勝負がついたら選ばなかった方のデッキでデュエルを行う。
3、二本目まで勝負を行った後、どちらかのプレイヤーが二本先取したならそこで決着。
4、もし、一本ずつお互いに取った場合は、何らかの方法で二つの内一つのデッキを選び、それで三本目を行う。

と、いうのはいかがでしょうか?
これなら、二つのデッキ両方共に出番が多くなり、二つのデッキを組む意義も増えると思うのですが、どうでしょうか。
最大三本もやるような時間が皆様にあれば、という条件付ではありますが…

また、もしこの方式を採用して頂けるのでしたら、スコア計算を勝率ではなくポイント式にして頂けませんでしょうか。
自分の案としては、各参加者のデュエルでの勝利数がそのままポイントに反映される方式でございます。
(上の例で行くなら、A側が二勝、B側が一勝の場合、A側に2ポイント、B側に1ポイントが入る形式です)
この方式なら、各プレイヤーの頑張りがそのままポイントに反映され、多少逆転の可能性も増えると思うのですが…

それでは、要望ばかりになってしまいましたが、これにして失礼致します。
最後になりましたが、今回の企画、期待して開催を待たせて頂いております…
あかがね| | 2010/08/10(Tue)00:54:06| 編集
Re:無題
あかがねさん、ご要望ありがとうございました。
本日の記事でご要望を反映させたルールを明記しました。このルールで楽しんでいただけると幸いです。
【2010/08/13 22:31】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]