忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[439] [438] [437] [436] [435] [434] [433] [432] [431] [430] [429
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。

ネギ博士「無事、『第2次スーパーデュエリスト大戦~そして、とし子は今~』が終わった。せっかくなので、没デッキレシピ紹介とかデッキの解説とかPS限定構築で強そうなカードとか、その対策方法とかを徒然なるままに書こうと思う」


◆没デッキレシピ◆
ネギ博士「最初に没になったデッキの簡単な解説からだ」

『インビンシブルスラッシュPS(試作型)』
 ・クリーチャー
2 x ムラマサのコンセント
4 x 青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)
2 x 霊騎ラグマール
3 x 封魔バルゾー
1 x 無頼王機スケル・アイ
2 x 衝撃のロウバンレイ
3 x ボルシャック・大和・ドラゴン
4 x アクア・サーファー
1 x 翔竜提督ザークピッチ
1 x 戦攻竜騎ドルボラン
1 x ボルシャック・クロス・NEX(ネックス)
・呪文
4 x フェアリー・ライフ
4 x エナジー・ライト
1 x リーフストーム・トラップ
1 x 超次元シューティング・ホール
1 x 超次元ボルシャック・ホール
1 x トリプル・ブレイン
2 x ナチュラル・トラップ
2 x 地獄スクラッパー
・サイキック・クリーチャー
2 x 時空の剣士アクア・カトラス/青藍の覚醒者アクア・エクスカリバー
2 x 時空の花カイマン/華獣の覚醒者アリゲーター
2 x 時空の侍ボルメテウス・若武者・ドラゴン/戦国の覚醒者メビウス・武者・ドラゴン
2 x 時空の火焔ボルシャック・ドラゴン/勝利の覚醒者ボルシャック・メビウス

わん太ちゃん「わんわん!(訳:征市デッキの没バージョンだね!サイキック・クリーチャーも入っていて豪華だ!)」
ネギ博士「ビートダウンでサイキック・クリーチャーも出して、なおかつ相手のクリーチャーも除去しようと詰め込んだのがこの形。弱点は詰め込み過ぎてバランスが悪くなった事と全体的に重い事かな。
《ドルボラン》は入れて損はないと思う。《ヘブンズ・ゲート》のデッキへの対策に使えると思うし」

『NEOWAVE PS』
 ・クリーチャー
4 x 魔光騎聖ブラッディ・シャドウ
4 x 氷牙フランツI世
4 x 魔光死聖グレゴリアス
1 x 魔光王機デ・バウラ伯
4 x アクア・サーファー
4 x 神銃の精霊ナカツマキ
1 x 光翼の精霊サイフォス
・進化クリーチャー
2 x 聖霊王アルカディアス
・呪文
2 x 魔弾ソウル・キャッチャー
3 x エナジー・ライト
2 x 超次元シャイニー・ホール
2 x スーパー・スパーク
3 x 魔弾オープン・ブレイン
4 x ヘブンズ・ゲート
・サイキック・クリーチャー
2 x 時空の銃姫エイプリル/鎮魂の覚醒者デス・エイプリル
2 x 時空の剣士アクア・カトラス/青藍の覚醒者アクア・エクスカリバー
2 x 時空の勇躍ディアナ/閃光の覚醒者エル・ディアナ
2 x 時空の雷龍チャクラ/雷電の覚醒者グレート・チャクラ
 
ネギ博士「そんな訳で『TOKYO決闘記』の金城豪人風味のデッキである」
わん太ちゃん「わんわん(訳:《ヘブンズ・ゲート》のデッキなのに、《アルドラ》が入ってないよ?)」
ネギ博士「入っていないんじゃない。入れていないんだ。単純に手札から出す事を考えて《ナカツマキ》を選択した。これなら《ヘブンズ・ゲート》が手札になくても出しやすい。
《ヘブンズ・ゲート》でビートダウンにカウンター決めて、《アルカディアス》で超次元の呪文とかシールド・トリガーとかを封じて勝つ事を考えていた。サイキック・クリーチャーはおまけみたいなもの。これの他に《シンカイドーベル》でエンジェル・コマンドのコストを下げる方法とか、《ジル・ワーカ》や《ラルバ・ギア》でタップする方法も考えていた。《ラルバ・ギア》は同系対策で必要になると思っていたし」
わん太ちゃん「わんわん(訳:そこまで考えて調整していたのに、何でこれ使わなかったの?弱いの?)」
ネギ博士「調整不足だとは思うけれど、弱くはないと思う。使わなかった理由は単純に、デッキ構成がかぶるだろうと思ったからだ。使わなくて正解だった。色々な種類のデッキがあった方が面白いし」
 
『サムライ・アンビシャス時任風味』
 ・クリーチャー
4 x コッコ・ルピア
1 x ボッコ・ルピア
3 x シンカゲリュウ・柳生・ドラゴン
4 x 緑神龍バルガザルムス
2 x ボルシャック・NEX(ネックス)
2 x フレイムバーン・ドラゴン
2 x ボルシャック・大和・ドラゴン
4 x ボルメテウス・武者・ドラゴン
1 x バザガベルグ・疾風・ドラゴン
1 x ボルメテウス・剣誠・ドラゴン
1 x 翔竜提督ザークピッチ
・呪文
2 x 未来設計図
4 x フェアリー・ライフ
1 x 超次元シューティング・ホール
1 x 超次元ボルシャック・ホール
3 x ナチュラル・トラップ
・クロスギア
4 x 竜装 ザンゲキ・マッハアーマー
・サイキック・クリーチャー
2 x 時空の侍ボルメテウス・若武者・ドラゴン/戦国の覚醒者メビウス・武者・ドラゴン
2 x 時空の火焔ボルシャック・ドラゴン/勝利の覚醒者ボルシャック・メビウス
 
ネギ博士「サムライ・アンビシャス時任風味とか言っているが、もうサムライ・アンビシャスの原型をとどめていない気がするぞ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:『DM企業戦士 時任俊之助』の主人公時任俊之助のデッキだね。でも、何で、時任にしたの?)」
ネギ博士「クロスカップのリプレイ小説であかがねさんが選んだ時任の使用クリーチャーが《ボルシャック・大和・ドラゴン》と《ボルメテウス・武者・ドラゴン》だったから、この2枚をメインに組んでみた。ちょっとしたお返しのような意味も含んでいる。
《ボルメテウス・武者・ドラゴン》出して《シンカゲリュウ・柳生・ドラゴン》出してドカーンとか、《ボルシャック・NEX》出して《シンカゲリュウ・柳生・ドラゴン》出してドカーンとかそういう戦い方するデッキだ。ブロッカーが怖いので《シューティング・ホール》と《ボッコ・ルピア》を入れてある。
結構強いけれど、使わなかった。多分、陸と征市でコンビにした方が罰ゲームがやりやすいとかそういう理由で没にしたんだと思う」

◆その他没デッキ◆
ネギ博士「ここにレシピを載せられるほど完成していないけれど、こういうデッキを組もうと思って形にしたものはある。ここで発表するよ」

・柳沢所長デッキ
ネギ博士「『コードD』37話で柳沢所長が使っていた《スカル・ムーン》デッキをPS限定で組んだ。大まかな流れとしては
1:《フェアリー・ライフ》とかでマナを増やし、《カラフル・ダンス》で墓地を増やす。
2:墓地に行った墓地進化のクリーチャーを《ヤタイズナ》で呼び出す。
3:手札、もしくは墓地から《スカル・ムーン》を出す。
という流れにしようと思った。しかし、墓地進化のクリーチャーでポコポコ殴った方が無理に《スカル・ムーン》にするよりもうまく行くので没に。《スカル・ムーン》を能動的に破壊するカードを入れるスペースも足りなかったし、ビートダウンに弱いというのも問題だ」

・熊本マナ爆誕デッキ
ネギ博士「『時任』に出てくる熊本のデッキ。《ババン・バン・バン》でマナを増やしまくった後、マナ爆誕のクリーチャーを出しまくるデッキ……にするつもりだったが、うまく組めなかった。《ブルカノ・フドウ》があれば組んでいたかもしれん」
 
◆使用デッキ解説◆
●遠山陸 バイオレンスサバトPS
ネギ博士「デッキレシピはここ。驚くべき事に、今大会無敗のデッキである」
わん太ちゃん「わんわん(訳:この形になるまでに色々な形を試したんだよね!)」
ネギ博士「そうなんだ。ドローや《マクスヴァル》、《シンカイドーベル》でコストダウンができる水が入ったタイプとか水と自然両方入れたタイプとかね。それじゃ、詳しい解説である」

・《青銅の鎧》
ネギ博士「《フェアリー・ライフ》以外のマナブーストは《鼓動する石板》もいいかと思ったけれど、《未来設計図》で持って来られるカードが欲しくてこれにした。こっちの方が動かしやすかったんだ」

・《死神の邪剣デスライオス》
ネギ博士「《コッコ・ルピア》や《フランツ》みたいにいるだけで効果を及ぼすクリーチャーが出る事を予想していたのでこれを入れた。相手任せになってしまうけれど、軽いのがいいよね」
わん太ちゃん「わんわん(訳:効果を使わなければ最軽量の進化元にできるよね!)」

・《腐敗無頼トリプルマウス》
ネギ博士「どうしても手札を捨てさせるカードが欲しかった。あと、これならいいカードがひしめいている7マナにつなげやすい」

・《凶刻の刃狼ガル・ヴォルフ》
わん太ちゃん「わんわん(訳:本編でも陸がよく使っているカードだよね)」
ネギ博士「小説キャラクター限定という条件なので、アーマード・ドラゴンとかエンジェル・コマンドとか言っておけば何とかなる試合もあるだろうと考えた。
実際の限定構築でも構築済みデッキベースのデッキがあると思うから、これは刺さると思う。相手の手札も見られるし」

・《冥府の覇者ガジラビュート》
ネギ博士「最初に《ベル・ヘル・デ・ガウル》を入れた時には4枚入っていた気がする。どんだけチキンなんだよ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:入れすぎても困るよね。安全にシールドを破壊できるのが強みだね!)」

・《威牙の幻ハンゾウ》
ネギ博士「ビートダウン対策。ビートダウン馬鹿の性質上、一人回しをしている時にビートダウンと戦う事が増えるため、こいつは4枚入れる事になった。3枚でもよかったかな?」

・《死神の邪蹄ベル・ヘル・デ・ガウル》
ネギ博士「空気切り札の一つ。これを中心にしてデッキを組み上げた。最初は4枚入っていたが多すぎたので減らして今の数になった」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:構築済みのおかげで入手しやすくなったよね!)」

・《魔刻の斬将オルゼキア》
ネギ博士「《ベル・ヘル・デ・ガウル》と圧倒的な相性の良さを誇るナイスガイ。《ヘブンズ・ゲート》で大型ブロッカーが2体出てもこれで何とかなるな~とか思って入れた。これも最初は4枚入れていたが、減らして今の数になったこれくらいがちょうどいい」

・《殲滅の英雄(カリスマ)ハンニバルZ(ゼータ)》
ネギ博士「墓地をリサイクルするエコクリーチャー(笑)。《デスライオス》や《オルゼキア》を使っていると墓地が溜まるので一回くらいは返霊を使える」

・《悪魔神バロム》
ネギ博士「《ドルバロム》2枚入れるのと、1枚ずつ入れるのはどっちがいいか迷った結果、1枚ずつにした。相手クリーチャーの一斉除去はこの環境でも通用すると思う」

・《悪魔神ドルバロム》
ネギ博士「切り札の一つ。使うと、相手は死ぬ。実際に使ってここまで効果があるとは思わなかった」

・《フェアリー・ライフ》
わん太ちゃん「わんわん(訳:後半に本気出すデッキだから序盤でのマナ増やしは重要だよね!)」

・《未来設計図》
わん太ちゃん「わんわん(訳:博士がきちんと使えていなかったカード。博士は3ターン目に《青銅の鎧》を出すためだけにこれを入れたみたいだよ。《ランブル》の能力と合う事に気がついたのは、あかがねさんとの対戦の時だったんだ!その時まで相性がいい事に気付いてなかったんだね!)」

・《ディメンジョン・ゲート》
ネギ博士「3ターン目以降なら《未来設計図》よりもこっちの方がいい動きをするんではないかと思い、1枚だけこれにした。どうしてもアレが欲しいって時に使う」

・《リーフストーム・トラップ》
ネギ博士「序盤で相手クリーチャーを除去したい時に使う」

・《超次元リバイヴ・ホール》
ネギ博士「サイキック・クリーチャーを呼び出すためだけに入れた。大事な切り札が墓地に行ったら回収する役割もあると言えばある」

・《超次元ミカド・ホール》
ネギ博士「サイキック・クリーチャーを呼び出すためだけに入れた。この2枚はどっちもいいカードなので迷いながら1枚ずつ入れた」

・《デーモン・ハンド》
ネギ博士「あまりにも基本的で汎用性が高い除去呪文。《ベル・ヘル・デ・ガウル》を使うというデッキの性質を考え、4枚入れた」

・《時空の賢者ランブル/恐気の覚醒者ランブル・レクター》
ネギ博士「切り札の一つ。覚醒したら手がつけられない気がする。いざという時は《ドルバロム》に進化させるつもりでいた」

・《時空の脅威スヴァ/神の覚醒者サイキック・スヴァ》
ネギ博士「ビートダウン対策を兼ねた進化元。こいつがいなかったら危うい場面もあったね」

・主な戦い方
ネギ博士「ビートダウン馬鹿を自称する私にしては珍しく殴らないデッキである。
1:《ベル・ヘル・デ・ガウル》でクリーチャーを増やしまくって安全に殴れるようになってからシールドを攻撃
2:《ドルバロム》で反撃する力をすべて消し去ってから攻撃
3:《ランブル・レクター》に覚醒すれば何も怖くないので攻撃
という3つの戦い方を思い描いていた。3つの勝ち方を追うと失敗しそうな気もするけれど、意外と何とかなった。1つの戦い方がダメでも他の戦い方をすればいいから使いやすかった気がする」

●相羽征市 インビンシブルスラッシュPS
ネギ博士「主役のデッキである。ただのビートダウンに見えるが結構妨害のためのカードも入っている」

・《炎のたてがみ(バーニング・ヘアー)》
ネギ博士「実はギンガマンにも炎のたてがみという技があってだな。
それはともかく、最軽量で最も出しやすい《ふたつ牙》の進化元である。普通の環境ならまず使われないと思うけれど、PS限定だとかなり使えるカードに変貌する。あと、パワー2000がさりげなく強く感じる」
わん太ちゃん「わんわん(訳:《ポン吉》とか《クリムゾン・チャージャー》とかには要注意だよね)」

・《無頼勇騎ゴンタ》
ネギ博士「軽量かつ高パワー。パワーが高いクリーチャーは殴り手として出しておきたい。対処も難しいし。レインボーだから色合わせにも使えるよね」

・《ムラマサのコンセント》
わん太ちゃん「わんわん(訳:これは《コッコ・ルピア》対策のためだけに入れたんだよね!)」
ネギ博士「《コッコ・ルピア》対策って真面目に考えた方がいいと思う。カードが制限されているか対策に使えるカードが少ないんだよね」
 
《青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)》
ネギ博士「進化元だったり、マナ増やし要因だったり。このデッキは陸のデッキほどマナを増やす事に集中しなくてもいいと思っている」
 
《アクア・スーパーエメラル》
ネギ博士「ビートダウン対策。《アクア・サーファー》をシールドに仕込んだと思ったら、手札に来たのが《ナチュラル・トラップ》だったなんて事もよくある話だが気にするな!」
 
《フォーチュン・ボール》
ネギ博士「ドロー用……のつもりで入れたんだけれど、今回は並べてから殴る事が多かったから使わなかったね」
 
《封魔バルゾー》
わん太ちゃん「わんわん(訳:サイキック・クリーチャーいじめのためだけに入れたんだよね!)」
ネギ博士「どんなに怖いサイキック・クリーチャーもとりあえず除去しておけば何とかなると思ったので入れまくった。《ヘブンズ・ゲート》で《アルドラ》が出てもこれで戻せばいいやと思ったよ」
 
《衝撃のロウバンレイ》
ネギ博士「ブロッカー対策。軽いスピードアタッカーが少ないのがこの環境のポイントの一つだと考えている。せめて《ピーカプ》か《エグゼドライブ》のどちらか1枚が使えれば……!贅沢は言わないから《チックチック》が使えれば……!」
 
《無頼王機スケル・アイ》
わん太ちゃん「わんわん!(訳:倒されにくいサーチクリーチャー。博士は「《ヘブンズ・ゲート》のデッキが来たらこれで殴り切るしかないぜ」とか思っていたらしいよ!)」
 
《ボルシャック・大和・ドラゴン》
ネギ博士「空気最強の切り札。一度、使うチャンスがあったのに使わなかったのはプレイがひどいとしか言いようがない」
 
《アクア・サーファー》
ネギ博士「ビートダウンが怖いので4枚入れた。《バルゾー》と合わせてサイキック・クリーチャーや《アルドラ》いじめに使うつもりだった」
 
《翔竜提督ザークピッチ》
ネギ博士「実は手札破壊はもっと多く来ると思っていがふたを開けたらそんなに手札を捨てる事がない和気あいあいとした戦いになって驚いた。どんな環境であっても、1枚お守り代わりに入れておくといいと思う。手札にこれを1枚、大事そうに持っておくと大抵の人は捨てに来るから」
 
《大勇者「ふたつ牙」(デュアル・ファング)》
ネギ博士「切り札の一つ。8000に固定されたパワーが欲しい時もある。もつれたら、《バルゾー》出してブロッカーどかして《ボルシャック・大和・ドラゴン》出してとどめ、とかいう事もあるので、マナは増えても問題はない。最初は牙クロス・NEXとか考えていたのでそれの名残でもある」

《 ディメンジョン・ゲート》
わん太ちゃん「わんわん(訳:ビートダウンなのに、《ギガ・ホーン》じゃないんだね)」
ネギ博士「今回は、軽さを優先したんだ」
 
《エナジー・ライト》
ネギ博士「やっぱり手札補充は必要だった。迷う事なく4枚投入」
 
《ナチュラル・トラップ》
ネギ博士「除去は色々な種類のカードを入れたくなる。悩みつつ、吟味してこれを1枚にした」
 
《地獄スクラッパー》
ネギ博士「《地獄スクラッパー》を優先したのはビートダウン対策のためである。PS限定だとビートダウンが強くなると思うんだけど、どうだろう?」

◆おわりに◆
ネギ博士「おわりに、とか言っているけれど、その2につづくよ!その2では、(独断と偏見による)強そうなカードと(独断と偏見による)その対策法を紹介だ!」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]