忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[440] [439] [438] [437] [436] [435] [434] [433] [432] [431] [430
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。

ネギ博士「その1につづいてPS限定構築に関する話である。デッキ紹介がないから短めかも」


◆個人的に注意したいカード◆
わん太ちゃん「わんわん(訳:『第2次スーパーデュエリスト大戦~そして、とし子は今~』では色々なデッキが大暴れしたね)」
ネギ博士「そうだね。そんな訳で今回は、このデータから強力なサポートのクリーチャーについて考えてみようと思う」
わん太ちゃん「わんわん(訳:博士が注意すべきだと思うカードだね)」
ネギ博士「そうだ。独断と偏見に基づく注意すべきカードだ!」

・《フランツ》
ネギ博士「これを出せば、次のターンに超次元呪文につなげる事が可能だ。綺麗な流れである。超次元呪文以外にも、《トリプル・ブレイン》《オープン・ブレイン》につなげられる。これを使って呪文メインのデッキにしてしまうのもありかな?」

・《コッコ・ルピア》
ネギ博士「《ボルシャック・NEX》と混ぜるな、危険。これから《NEX》につなげたり、《NEX》でこれを出したりと、やりたい放題である」

・《マッハ・ルピア》
ネギ博士「アーマード・ドラゴンがスピードアタッカーになるのは本当に怖い。《NEX》のコストを1下げる能力も持っているので、《ボルシャック・NEX》と相性がいいのもポイントである」

・《シンカイドーベル》
ネギ博士「今はまだそんなに注目されていないけれど、『コマンド』とつくクリーチャーは増えるので注目しておいて損はないと思う。これを使えば5ターンに《アルカディアス》が出せるのもポイント」

・《マクスヴァル》
ネギ博士「闇限定だが、コストを減らせる。《シンカイドーベル》と合わせてデーモン・コマンドメインのデッキ(《ベル・ヘル・デ・ガウル》とか《ベル・ヘル・デ・ガウル》とか《ベル・ヘル・デ・ガウル》とか)を組むのに使えるはずだ」

・《アクア・ジェスタールーペ》
ネギ博士「ビートダウンに入れると、効率のよいドローカードとして使える。放置したら、どんどん手札が増えそうだ」

ネギ博士「フィニッシャーとかも含めると色々あるけれど、一番注目しているのはこんな感じの軽いサポートのクリーチャーである」
わん太ちゃん「わんわん(訳:いるだけで効果を発揮するクリーチャー達だね。どうやって対抗するの?)」
ネギ博士「こういうカードを使えば対抗できるぞ!」

・《ボルカニック・アロー》
ネギ博士「大抵のサポートクリーチャーはおろか、《時空の火焔ボルシャック・ドラゴン》まで破壊できるという凶悪な呪文。ただし、シールド1枚を犠牲にしなくてはならない。相手より早く殴り切れるなら入れてもいいかな」

・《ムラマサのコンセント》
ネギ博士「《コッコ・ルピア》キラー。3コストなので、相手が先攻3ターン目に《コッコ・ルピア》を出しても充分間に合う。ただし、1000しか破壊できないのが玉にきずだ」

・《ポン吉》
ネギ博士「クリーチャーを1体手札に戻さないと効果が使えないけれど、これなら2000まで破壊できる」
わん太ちゃん「わんわん(訳:2000なら《フランツ》や《マクスヴァル》も破壊できるね!)」

・《クリムゾン・チャージャー》
ネギ博士「重くなるし、出遅れる危険性もあるけれど、マナが増えるからそこからの動きが楽になると思う。重い切り札があるデッキ向けかな?」

・《ディオライオス》
ネギ博士「《デスライオス》だけでなく、こいつも忘れないで下さい!相手が選ぶけれど、パワーに関係なく破壊できるのが強み」

・《リーフストーム・トラップ》
わん太ちゃん「わんわん(訳:自分のクリーチャーがいなければ、《ナチュラル・トラップ》みたいに使えるんだよね?)」
ネギ博士「そうなのだ。ちょっとずるいぞ」

・《ラグマール》
ネギ博士「《ディオライオス》の自然バージョンのようなもの。自分のマナを増やすのにも使えるのがいいね」

・《ミール》
ネギ博士「タップキルは基本である。2コストの殴れる強いブロッカー(《エル・カイオウ》とか)を先に出してタップして殴るとかね。後半にブロッカーをタップして攻撃を通すのにも使えるよね」

・《ザ・ストロング・スパイラル》
ネギ博士「《ボルカニック・アロー》や《デッドリー・ラブ》と同じで2コストの除去呪文。手札に戻すだけなのでちょっと頼りなく感じるかもしれんが、リスクがない」
わん太ちゃん「わんわん(訳:6000以上のクリーチャーがいればドローできるのもいいよね!)」

・《バルゾー》
ネギ博士「4コストと軽いのに、相手クリーチャーを選んで戻して殴り手が残る。コストパフォーマンスがいいと思う」

・《デッドリー・ラブ》
ネギ博士「自分のクリーチャーを破壊しないと相手クリーチャーを破壊できない。2コストだけれど、2ターン目に使うのはちょっと難しいかな?」

・《デスライオス》
ネギ博士「《ディオライオス》や《ラグマール》と違い、これは効果を使わない事も可能。ただし、生贄に使えるのが『死神』とついたクリーチャーだけなのでそれは注意」

ネギ博士「こんな感じで、軽くてヤバいのに対抗できるような軽くて強い除去カードを挙げてみた。もちろん、場の除去だけじゃなくて手札破壊で邪魔するのもありだよね」
わん太ちゃん「わんわん(訳:これ以外にも対抗手段があるかもしれないね。カードをじっくり観察してみるのもいいかも!)」

◆おわりに◆
ネギ博士「ものすごく遅くなったけれど、参加者の皆様、ありがとうございました。皆様が素晴らしいデッキを作って下さったので、いいデータが取れたと思います。今回の対戦結果を見てPS限定の大会に出る人に「こういうカードが強い」「こういうカードを使ってみたい」「《未来設計図》を使う時に間違えないようにしよう」と思ってもらえると幸いです」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:最後の一つ、自虐ネタが入ってるよ!)」
ネギ博士「実戦的なデータが取れたので本当によかった。今回の結果を参考にしてくれたら、本当に嬉しいね」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]