忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[620] [619] [618] [617] [616] [615] [614] [613] [612] [611] [610
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
 登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。
・まなみさん
無口な脳内助手の少女。
30cc4937.png










ネギ博士「まだネタはなくならないぞ!そんな訳でその3の答え合わせである」
まなみさん「……別解がなかった」
ネギ博士「想定されている状況が状況だからね。何度も別解を出されるとは限らないんだよ」
まなみさん「……別解が出て慌てふためく無様な博士を見たかった」
ネギ博士「そういう事言うなよ!うわーん!」

帰ってこさせられた詰めデュエマその3を見たい人はこちらをクリック


◆帰ってこさせられた詰めデュエマその3の答え合わせ◆
ネギ博士「《マキシマム・ディフェンス》をつけてブロッカー化した《アンタッチャブル・パワード》だとか、《マキシマム・ディフェンス》をつけてブロッカー化しか《ペトローバ》とか、とにかく選ばれないブロッカーが2体並んでいる上に《ムルムル》で強化とかひどくないっすか?ここは嵐が通り過ぎるのを待とう……と思ったら攻撃できる《アンタッチャブル・パワード》もいたー!実は、この問題を作る時まで《アンタッチャブル・パワード》の種族をグレートメカオーだと思っていたのはここだけの秘密だよー!というのが前回の問題だ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:最後のは何?)」
ネギ博士「一年近く間違えて覚えていたのだな。
そして、自分のバトルゾーンを見ると使えるマナのカードは4枚しかないし、手札にあるのは単色の呪文1枚だし、バトルゾーンにはクリーチャーが1体しかいないし、どうすりゃいいのよ?せめて、《天使と悪魔の墳墓》くらい用意してよ!とか言いたくなる状況だ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:本当にこれで勝てるの?)」
ネギ博士「勝てるとも。
まず、バトルゾーンのクリーチャーを見てみよう。できればこいつでブロッカーを蹴散らしたいところだ。しかし、相手のブロッカーは選ばれないので普通の方法では倒せない。ならば、選ばずに倒す能力を持っている奴を使えばいい」
わん太ちゃん「わんわん(訳:《ディアスZ》みたいなの?あ、でも相手が選ぶから確実じゃないね)」
ネギ博士「そうだね。だから、相手に選択権すら与えない確実な方法で葬ってやろう。
ここでバトルゾーンのクリーチャーを紹介。バトルゾーンにいたのは《壊滅の撃墜王エスコバルドZ》だ!これで返霊7を使えば、このクリーチャー以外の7コスト以下のクリーチャーは全滅する!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:やった!でも、博士。墓地のカードが足りないよ。2枚しかないよ?)」
ネギ博士「心配ご無用。墓地が足りなければ増やせばいい。返霊で使う墓地のカードは7枚だから、あと5枚増やせばいい。墓地のカードを5枚確実に増やすカードはこれ。《カラフル・ダンス》だ!これで、山札の上5枚をマナに置く。あとはてきとーに5枚選んで墓地に置く。
これで墓地のカードは7枚!返霊7を使って相手のクリーチャーを全滅!行くぜ!《エスコバルド》でとどめだ!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:今回、正解したのはガリレヲ(仮)さんだよ!おめでとう!)」

◆おわりに◆
ネギ博士「《エスコバルト》は結構面白い効果を持ったクリーチャーだと思うんだよね。もっと使う人が増えないかな?」
まなみさん「……博士が専用デッキを組む」
ネギ博士「まだ1枚しか手元にないから無理だ。来週はその4とその5の答え合わせをするぞ!……2回も連続でやったから答え合わせが大変だわい」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]