忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[473] [472] [471] [470] [469] [468] [467] [466] [465] [464] [463
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。
・マクベイン江戸川
人の話を聞かない謎の男。
242cac03.jpg





・一本杉四神(いっぽんすぎしじん)
『TOKYO決闘記』の敵キャラで時間にうるさい人。『TOKYO決闘記』とやらは、ここで読めます。

マクベイン江戸川「やあみんな!みんな大好き、マクベイン江戸川だよ!
詰めデュエマその4に回答してくれたみんな、ありがとう!博士が「たまには古いカードでデュエマをやらないか」とか言っていたよ!それじゃ、前回の答え合わせと今回の問題だ!」


◆その4の答え合わせ◆
ネギ博士「その4(この記事)は相手のシールドが1枚でそれを《パーフェクト・ギャラクシー》が守っているというものだった。それだけでなく、相手の手札には《テンサイ・ジャニット》と《ヤミノザンジ》があり、攻撃してきたクリーチャーを妨害する準備もできているのだ。
自分のクリーチャーは《デンデン・パーカッション》のみ。マナは6で手札は1枚。この状況で勝つというものだ」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:判った!《ガジラビュート》でシールドを直接墓地に置くんだ!そうすれば、《パーフェクト・ギャラクシー》はシールド・フォースの効果が切れてブロッカーじゃなくなるよ!)」
ネギ博士「残念だが、それだったら手札にある《テンサイ・ジャニット》と《ヤミノザンジ》の餌食になるね。《デンデン・パーカッション》はコスト2でパワー1000のクリーチャーだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:それなら、《ガルヴォルフ》で手札破壊しながらシールドも破壊して……ダメだ!シノビが2枚もあるから、片方破壊しても片方出てくるよ!)」
ネギ博士「降参するかい?そんな訳でシールドをどうにかしてもニンジャ・ストライクが飛んできて、手札破壊でニンジャ・ストライクをどうにかしたとしてもシールドは残っている、というどーすりゃいいのか判らず泣きたくなる状況である。
だが、1枚のカードでこれを解決できるのだ!」
わん太ちゃん「わん?(訳:できるの?)」
ネギ博士「その通り。《デンデン・パーカッション》を《死鬼者デスワルツ》に進化させるんだ!《デスワルツ》をバトルゾーンに出した時、それぞれのプレイヤーはシールドを1枚墓地に置かなくてはならない。これで相手のシールドは墓地に行く。
《デスワルツ》はコスト4でパワー5000だから、《テンサイ・ジャニット》も《ヤミノザンジ》も効かないぞ!これで直接攻撃だ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:でも、待って。マナは6枚あったよね?残りの2枚は?)」
ネギ博士「使わない。マナのカードが6枚なのは《ガジラビュート》や《ガルヴォルフ》、《憎悪と怒りの獄門》に目を向けさせるための罠だ。私は意地悪な出題者だからこういう罠を仕掛ける事もあるぞ!要注意だ!」

◆その4の答え+α◆
ネギ博士「今回も予想していなかった答えがあったので公開する。こっちの方が実戦でありそうな勝ち方だよねって事で」

・《M・ロマノフ》+《憎悪と怒りの獄門》
ネギ博士「《M・ロマノフ》で《憎悪と怒りの獄門》をマナから出すというやりかた。これなら2種類のニンジャ・ストライクに引っかからない」

・《M・ロマノフ》+《インフェルノ・サイン》+《ガジラビュート》などのシールド破壊クリーチャー
ネギ博士「《M・ロマノフ》シリーズその2。《M・ロマノフ》のところは《ヴィルジニア》で墓地から引っ張った《C・ロマノフ》でもOK。こっちはアタックトリガーで《インフェルノ・サイン》を使って《ガジラビュート》《コアクラッシュ・リザード》《リベンギオス・ドラグーン》などのシールド破壊能力のあるクリーチャーを出すというものだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:シールド破壊を使った方が確実に攻撃が通るよね。シールド・トリガーも出ないから)」
マクベイン「ここで、プレゼントが当たった正解者を発表するよ!当選者は○○県××市のマクベイン江戸川さんです!おめでとう!マクベイン江戸川さんにはネギ博士写真集『ネギ!ネギ!ネギ!』と『ネギ?ネギーン!』をセットでプレゼントするよ!」
ネギ博士「わん太ちゃんの写真集って言ったじゃないか、この嘘つきー!!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:大体、プレゼントなんかやってないよ!バカな事やってないで次の問題を出してよ!)」
ネギ博士「残念だが、ネタ切れだ。次の問題はない!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:えぇーっ!)」
一本杉「そんな事もあろうかと思って、俺が次の問題の準備をしてきたぜ!」
ネギ博士「あなたは、時計屋のお兄さん!」
一本杉「俺の事を忘れるんじゃねーっ!ボケている時間が勿体ないだろうが!」

◆その5◆
・自分のターン

・相手のシールド:0
・相手のクリーチャー
《予言者マリエル》1体(《エメラルド・クロー》と《閃光イナズマ・カブト》を3枚ずつクロスしているものとする)
《黒神龍ザンジバル》3体
《タイム・トリッパー》1体
《ノーブル・エンフォーサー》1枚
・相手の手札にニンジャ・ストライクのカードはないものとする。

・自分のシールド:0
・自分のクリーチャー
《ブレイズ・クロー》1体(召喚酔い)
・自分のマナ:8(ただし、《ブレイズ・クロー》を既に召喚しているため、実際に使えるのは7枚である)
・自分の手札:2(クリーチャーのみ。進化もOK。光と水のカードはないものとする)

攻撃が不可能な絶体絶命の状況である。このターンで勝て!

わん太ちゃん「わんわん!(訳:《マリエル》と《ノーブル・エンフォーサー》があるから無理だよ!)」
一本杉「諦めんな!男なら最後まで戦え!」
ネギ博士「そうだぞ!ビートダウン馬鹿なら最後まで相手を殴って戦うものだ!」
マクベイン「女やビートダウン馬鹿じゃない人は?」
一本杉「それでも戦え!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:何だか目茶苦茶だよ……)」
マクベイン「正解した人の中から抽選で一名様に、一本杉の切り札超ベストをプレゼントするよ!
答えが判った人はブログのコメント欄に非公開コメントで書いてね!非公開コメントができない場合、心の中で答えるか、矢文とかで答えを送ってね!
ネギ博士「非公開だからって初対面でタメ口は勘弁な。こっちが悪質だと判断した場合、書きこみ制限とかアクセス制限もあるのでそこんとこヨロシク!
それはともかく、一本杉の切り札超ベストだと!?お歳暮にも最適だ!マクベイン、一番いいのを頼む」
一本杉「勝手に俺の切り札をプレゼントにするな!そんなプレゼントやってねーだろ!ネタに乗れない人の身にもなれ!」
わん太ちゃん「わん……(訳:ツッコミしなくていいと楽だよ~)」
一本杉「俺に任せてないで、お前もツッコミをしろ!」

◆追記:今回のヒント◆
ネギ博士「今回のはちょっと難しかったかな?現時点でまだ誰からも回答が来ていないんだよね。これは予想外だった」
わん太ちゃん「わんわん(訳:そんな訳でこのコーナーで初めてヒントを出す事になったんだよね)」
ネギ博士「うむ。そうなのだ。そんな訳でここからはヒントコーナーだ。「ヒントなんかいらん!」という人はここから先の文章は見ない事をすすめる。反転だと見にくかったみたいだったので、普通にしました。自力で考えたい人は見るなよ!絶対見るなよ!」

ヒント1:手札にあるのは進化ではないクリーチャー1枚と進化クリーチャー1枚である。

ヒント2:2枚とも2007年に発売されたカード(再録は除く)である。

ヒント3:手札の2枚のレアリティはアンコモンとレアである。

ヒント4:手札の2枚のコストは3と4である。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]