忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[493] [492] [491] [490] [489] [488] [487] [486] [485] [484] [483
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。
・マクベイン江戸川
人の話を聞かない謎の男。
242cac03.jpg






マクベイン江戸川「やあみんな!みんな大好き、マクベイン江戸川だよ!
詰めデュエママラソンをやってくれたみんな、どうもありがとう!今日は月曜日から金曜日までの問題の答え合わせだよ!」

月曜日の問題はこちら
火曜日の問題はこちら
水曜日の問題はこちら
木曜日の問題はこちら
金曜日の問題はこちら

◆その9(月曜日)の答え合わせ◆
ネギ博士「えるしっているかねぎはかせはよそうしていないこたえがだいすき」
わん太ちゃん「わんわん(訳:別解が好きなのは判ったから答え合わせをしようね)」
ネギ博士「それじゃ、月曜日の答え。
これは、相手のシールドが4枚あってこっちもシールドが5枚あるけれどこのターンで何とかできそうだからやっつけちゃおうぜ、って問題だ。
この問題の鍵はバトルゾーンに出ているコスト5でパワー4000の闇クリーチャーだ。実は何でもいいって訳でもなくてこれが重要だったりする。というより、こいつに注目してもらおうと思ってこれをやったようなものである。
このクリーチャーは自分のシールドが3枚以下になるとパワーが3000増えてW・ブレイカーになる《アングリーチャージ・ドラグーン》だ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:でも、自分のシールド5枚だから1枚しかブレイクできないよ)」
ネギ博士「わんたちゃんしっているかしーるどはじぶんでへらせる。
そんな訳で2枚のマナゾーンのカードを使って出すのは《コダマンマ》だ。これで1枚手札に加え、その効果でストライク・バックを使い、《デュアルショック・ドラゴン》をバトルゾーンに出す!これでシールド1枚が墓地に行くね。
《コダマンマ》と《デュアルショック・ドラゴン》の効果で1枚ずつシールドを減らして《アングリーチャージ・ドラグーン》がW・ブレイカーになったぞ。《デュアルショック・ドラゴン》と《アングリーチャージ・ドラグーン》でシールドを攻撃して《コダマンマ》で直接攻撃だ!」

・別解1
ネギ博士「バトルゾーンの闇クリーチャーは《エウドキア卿》。手札は《トラブル・アルケミスト》1枚と《マッド・ギター》1枚。マナゾーンには《マッド・ギター》2枚がある。
《トラブル・アルケミスト》を召喚してマナを回収する。《エウドキア》はデーモン・コマンドだからG・0で《マッド・ギター》3体を出せるぞ。これでクリーチャーは合計5体!数で圧倒して勝利だ!」

・別解2
ネギ博士「バトルゾーンの闇クリーチャーは《腐卵虫ハングワーム》。手札は2枚とも《ソルハバキ》。《ソルハバキ》でマナから《ラッキー・ダーツ》を手札に加え、マナにはもう1枚の《ソルハバキ》を置く。
マナに置いた《ソルハバキ》をタップして《ラッキー・ダーツ》を使い、《インビンシブル・フォートレス》や《ティラノ・リンク・ノヴァ》などのシールドを蹴散らす呪文を使った後、総攻撃をして勝利」

◆その10(火曜日)の答え合わせ◆
ネギ博士「その10は自分のバトルゾーンに《マイキーのペンチ》があって、自然のクリーチャーが手札にあるから自然のクリーチャーをスピードアタッカーにすれば勝てる……というような状況なのだが、相手の手札には《ハンゾウ》があるから最後のシールドブレイクまではいけるけど、このターンでは勝てないよっていう問題。
闇のカードとか闇が入ったカードを使ったらあまりにも簡単すぎるので使うカードは自然単色という条件を設けた」
わん太ちゃん「わんわん(訳:どうしても《ハンゾウ》に止められちゃうよ!手札にある《ハンゾウ》を捨てたいよ~!)」
ネギ博士「自然文明のクリーチャーでは手札破壊ができないと思っているのか?愚かな!ここは《禁門の超人》を召喚するんだ。これならアタックトリガーで相手の手札を1枚マナに置けるぞ!《禁門の超人》で手札の《ハンゾウ》をマナに置きつつシールドをブレイクして《マイキーのペンチ》でとどめだ!
実は《ダンディ・ナスオ》で《ユウコ》をマナに置いて《ユウコ》をマナ爆誕で出すというのもあったんだが、これは『惜しいで賞』を送る。何故なら、どれか1体が攻撃した時に《ハンゾウ》で《ペンチ》を破壊されて自然のクリーチャーに付与されたスピードアタッカーの効果が消えてしまうからなのだ。とはいえ、個人的に好きな発想なのでここに載せておく」

◆その11(水曜日)の答え合わせ◆
ネギ博士「こっちにいるのは貧弱なボウヤだけで、相手の方は屈強なブロッカーがいるという状況だ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:2体もブロッカーを破壊できるような呪文あったっけ?)」
ネギ博士「《スーパー・スパーク》とか《テレポーテーション》使おうぜ!《テレポーテーション》好きなんだよ。
冗談はさておき、光と水を抜いたら6コスト以下でこの2体を除去できる呪文はないと思う。2体を除去できる呪文はないが、1体を除去できる呪文はたくさんあるだろう。
せっかくだから私はこの《破壊と誕生の神殿》を選ぶぜ!これで《ロードリエス》を破壊し、山札からコスト5のクリーチャーを探してくる」
わん太ちゃん「わんわん(訳:そっか!それで何か出すんだね!)」
ネギ博士「ブロッカーをどうにかできるクリーチャー(例:《ウインドアックス》《ロウバンレイ》など)で《アルドラ》を破壊する。
5コストのデッキ進化(例:《ペリュトン》など)や5コストのスピードアタッカーで頭数増やして攻撃とかね。
でも、個人的には場にある《無垢の宝剣》か《無垢なる刃ビャッコ》を活かして欲しいわけよ。こいつらに重ねるとしたら相手クリーチャーを破壊できる《カオスワーム》とか《ドグザバル》みたいなステルス持ちの進化クリーチャーだよね。《カオスワーム》なら《アルドラ》を破壊して勝利。ステルス持ちの進化だったら《アルドラ》をスルーして勝利だ!」

・別解1
ネギ博士「《バイス・ホール》を使い、《シンカイヤヌス》、《キル》の順番で出す。火のクリーチャー《キル》を出した訳だからループ覚醒して《シンカイヤヌス》が《ヤヌスグレンオー》になる。効果で《キル》をスピードアタッカーにして3体で突撃して勝利だ!
まさか、こんな方法があったとは思わなかった。最新で斬新な解答だ」

・別解2
ネギ博士「呪文は《ザ・ユニバース・ゲート》を使う。山札の上3枚は全部《ユニバース》だ。3ターン追加して次のターンで《ユニバース》に進化。
その次のターンで《ユニバース》を《ユニバース》に進化して攻撃。これでメテオバーンを使い、最初の進化元の《無垢の宝剣》が墓地へ行く。
次のターンで《ユニバース》の下の《ユニバース》を捨てて特殊条件で勝利だ!追加ターンを使っているからこのターンではないけれど、面白いのでOKとする」
わん太ちゃん「わんわん(訳:面白いのはいいの?)」
ネギ博士「面白いのはOKだ!」

◆その12(木曜日)の答え合わせ◆
ネギ博士「もう間違って5コスト以下のサイバーロード出しちゃってマナがないっす、サーセン。でも、ブロッカー2体をどうにかして攻撃を通してよね。という問題。屏風の中の虎を出すのと同じくらい大変だが、それができてしまうのがデュエル・マスターズのすごいところなのだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:でも、マナはないし、出したのも《コーライル》じゃないんでしょ?それじゃブロッカーをどかすのは無理だよ!)」
ネギ博士「いや、これは楽。あつらえたようにぴったりのクリーチャーがいる。つーか、このクリーチャーのためにこの問題を作ったようなもんだ。
バトルゾーンに出してしまったサイバーロードは《パルタン》だ!こいつは自分のサイバー・ウイルスを出した時に手札を2枚まで捨てる事ができる。捨てた枚数だけクリーチャーを手札に戻せるのだ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:でも、もうマナがないよ)」
ネギ博士「マナなどいらん!手札からG・0で《パラダイス・アロマ》を場に!残っていた手札2枚を捨てて相手のブロッカー2体を戻して《ブレイズ・クロー》で直接攻撃だ!」

◆その13(金曜日)の答え合わせ◆
ネギ博士「うわっ!よく見たら、その13で金曜日だ!13日の金曜日みたいで不吉だ!
これは相手の2枚のシールドがシールド・プラスでシールド・トリガーまみれになっていてえらいこっちゃ。こっちは《ブレイズ・クロー》だけだもんなぁ。手札のカードも重いし、という問題。
またまたG・0である。詰めデュエマにおけるG・0の活躍率は異常だな。手札からは《ガブリエラ》をG・0で出すのだ。ほぅら、まだマナが6枚も余っているぞ!
こういう時は、光以外の呪文を禁止する《アルカディアス》の出番だ。《ガブリエラ》を《アルカディアス》に進化してW・ブレイク!無防備になった相手に《ブレイズ・クロー》でとどめだ!」

・別解
ネギ博士「ビートダウン馬鹿としてはこっちが一番いい正解。ただし、ちょっと不安定。
レオルド》を出して、相手のシールド・トリガーの入ったシールド2枚をドヤ顔で吹き飛ばして《ブレイズ・クロー》でとどめというものだ。ドリメビートじゃないと2枚以上のヒットは難しいかもしれんが、ドリメビートだと2枚ヒットさせるのはかなり楽だよね」

◆表彰式◆
マクベイン「全問正解の人を発表するよ!
答えるのが早かった順に
プラズマさん
人参さん
ハクツルさん
BLACK CATさん
だよ。おめでとう!
そして、今回のプレゼントの当選者は○○県××市のマクベイン江戸川さんです!おめでとう!マクベイン江戸川さんには『雪の越後B級グルメとデュエマツアー!ネギ博士は二度死ぬ!?家政婦は見た!湯けむりデュエマ連続殺人事件ダイイングメッセージは詰めデュエマで二泊三日!』の旅が送られます!」
ネギ博士「おい!詰めデュエママラソンになっても当選者はお前かよ!自作自演みたいなのはやめろよ!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ただ答えるだけじゃなくて、色々な解答を考えてきてくれているのが嬉しかったよね。博士、詰めデュエママラソンはこれからもつづくの?)」
ネギ博士「一応、第2弾は考えてある。次の詰めデュエママラソンは12月6日月曜日からだ!」

◆おまけ◆
ネギ博士「詰めデュエマの9とかは昔書いた『デュエルのくに』でやった問題の焼き直しなんだよね。あと、その13は《ガブリエラ》が出た頃に実際にやられたコンボを元にしている。色々なコンボを作れる人だとこういう問題をたくさん作れそうだ。
まあ、それはともかく今回はおまけの問題を用意した。正解したからといってどうにもならないけれど載せておく。

・自分のターン

・相手のクリーチャー
予言者マリエル》(《ペトリアル・フレーム》をクロス)
キャバルト

・相手のクロスギア(クロスされていない)
ノーブル・エンフォーサー

・相手のシールド:0

・相手の手札:0

・自分のクリーチャー
タイラーのライター

・自分のシールド:0

・自分の手札:1
(火文明のカードである)

・自分のマナ:4(マナチャージ済み。全て火文明のカードである)

今から4年ほど前にネギ博士が何度も煮え湯を飲まされたマリエルロックである。
知識と経験があれば解けるものなので、2007年以前にデュエル・マスターズを始めたプレイヤーは、誰かと対戦し対戦終了後の自分と相手の山札を足した数の2倍腹筋をした後、このターンで勝て!
2008年以降に始めた人は腹筋せずにこのターンで勝て!

ネギ博士「今から4年前のマリエルロックのライブラリアウトをよく知っている人だったら解けるよね。問題とも詰めデュエマとも言えないこの問題。思い出に浸る気分でどうぞ。これは答えを書かなくてもOKですけれど、公開コメントでデカデカと書くのはやめてね。
2007年以前にやった人にとってはかなり難しいというか面倒くさくなっているな」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:腹筋とかデュエマに関係ないよ!)」
ネギ博士「何を言っている。強くなるのには筋肉が必要なのだ!」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ありがとうございます♪
「詰めデュエマ」毎回のお題お疲れ様でした。

様々なお題が出る中、より確実に勝ちに行く事を探るのが刺激(脳内筋トレ)になったのか、ハクツルは、4日のカードキングダムSMARK店 32人参加のオープンで初優勝する事が出来ました!
ありがとうございました。

まだまだ知らない事がいっぱいあるので、ネギ博士さんのブログを通して学んでいきたいと思っています。

これからもよろしくお願いします♪
ハクツル| | 2010/12/06(Mon)23:15:38| 編集
Re:ありがとうございます♪
ハクツルさん、コメントありがとうございます。

オープンクラス優勝おめでとうございます!素晴らしいですね。
拙いブログですが、これからも宜しくお願いします。
【2010/12/08 00:56】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]