忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[500] [499] [498] [497] [496] [495] [494] [493] [492] [491] [490
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。

ネギ博士「月曜日~金曜日に連続で問題を出し日曜日に答え合わせをする詰めデュエママラソン。それをバージョンアップしたのがこの詰めデュエママラソン2『隠された秘宝』だ。しかし、別解とかもあってキーワードに辿りつく人がいないと困るので、ここでちょっとしたヒントを載せる事にした。まだやっていない人もこれを読んで謎解きしてみてね!」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:どうしても自分の力で解きたいっていう人はつづきを読んじゃダメだよ!)」


月曜日の問題
わん太ちゃん「わんわん(訳:これは相手のブロッカーを蹴散らして勝て、っていう問題だよね)」
ネギ博士「そうなのだ。
まず、キーカードだが『手札にあるクリーチャー』と『墓地のカード』の2枚だったね。この2枚をうまく組み合わせる事で相手のクリーチャーのほとんどを消し去る事ができる。
さらに細かく言っちゃうと『手札にある超重いクリーチャー』と『墓地にある7コストの進化クリーチャー』である。もちろん、両方ともバトルゾーンに出せる」
わん太ちゃん「わんわん(訳:超重いのも出せるの?)」
ネギ博士「そうだ。あと、この問題は《母なる紋章》も《母なる聖域》も使わずに勝てる。というより、マナゾーンのカードはマナを出す以上の役割を持たない。今回、マナゾーンにクリーチャーのカードはないという注釈をつけ忘れた事は失敗だったと思っているよ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ふぅん。それじゃ『手札にある超重いクリーチャー』と『墓地にある7コストの進化クリーチャー』が判ればキーワードは判るんだね)」
ネギ博士「判るとも。実はこっちが用意した答えは攻撃が始まるところからちょっとごり押し気味だ。」

火曜日の問題
わん太ちゃん「わんわん(訳:相手がニンジャ・ストライクのカードを2枚持っているけれどこの攻撃が通れば勝てるのに、っていう問題だったよね)」
ネギ博士「そうだ。そして、キーカードは『手札にあるクロスギア』だ。
この問題、少しでも詳しく言ってしまうとすぐに解けてしまうのであまりヒントを出したくないんだが、ぶっちゃけるとバトルゾーンにあるクロスされた《ファイアー・ブレード》が重要なんだ。《ファイアー・ブレード》がどんなカードなのか色々な角度で考えると判る。判らない人は1つずつ、余すところなく書いてみるといい」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ふぅん。《ファイアー・ブレード》も『手札にあるクロスギア』も両方クロスギアだね。関係あるのかな?)」

水曜日の問題
わん太ちゃん「わんわん(訳:これは相手のブロッカーがいっぱいいてシールドもいっぱいある問題だったね)」
ネギ博士「手札にある謎の多色呪文、水文明の謎のクリーチャー。そして、バトルゾーンにある『謎の多色クリーチャー』を駆使して何とかする問題だ。『6コストの謎の多色クリーチャー』がキーカードである。
この問題のヒントは自分ばかり見ていても勝てない、相手を知らなければ勝てない、とまあそういうものだ。謎の呪文も謎のクリーチャーもキーカードも3枚うまく使って勝てる。呪文と謎のクリーチャーがキーカードの『6コストの謎の多色クリーチャー』を助ける形になるな。久しぶりにきっちりとはまる感じの問題になったと思うよ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ふぅん。それにしてもキーカードの『6コストの謎の多色クリーチャー』ってどんなカードなんだろう?)」

木曜日の問題
わん太ちゃん「わんわん(訳:これは相手のブロッカーが2体いるのにこっちは1体しか攻撃できるクリーチャーがいない。それなのに、使えるマナは2枚しかないっていう問題だったよね)」
ネギ博士「そうなのだ。比較的簡単な問題だからヒントはいらないんじゃないかな、とも思う。『9コストの謎の自然クリーチャー』が持つ能力をうまく使う事がポイント。でも、能力って必ずしも自分にプラスに働くものとは限らないんだよね。それをいかにプラスにするかがポイントだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:それを聞くとキーカードの『9コストの謎の自然クリーチャー』がデメリットを持っているように聞こえるね)」

金曜日の問題
ネギ博士「できたてホヤホヤのこれ。無理矢理キーカードを2枚入れる方法を考えたらこういう問題になった。問題文を読むとかわいいという理由だけで《まんまるロボタ》を入れたように思えるがそれは10パーセント程度間違いだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:じゃ、残りの90パーセントは?)」
ネギ博士「かわいいからだ!
冗談はさておき、相手のシールドもたくさんあってなおかつ相手のニンジャ・ストライクのカードも4枚ある。仮にシールドを全てブレイクできたとしても、シールド0の時にブロッカーになる《アイリス》がいるという状況だ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:でも、こっちは攻撃できるクリーチャーがいないんだよね)」
ネギ博士「そうだ。でも、ちょっと頭を使えばこのターンで勝つ事ができる。擬音にすると、ドーン!ドーン!ズドどどーん!みたいな感じだ」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:判りづらいよ!
ところで、キーカードの『多色でない自然の進化クリーチャー』と『多色の進化クリーチャー』ってどうやって使うの?山札の中にあったら出せないでしょ?)」
ネギ博士「この2体の進化クリーチャーは両方ともバトルゾーンに出せる。というより、出さないで勝つ方法は思いつかなかった。とはいっても、作ったばかりの問題だから色々な抜け道があると思うけどね」
わん太ちゃん「わんわん(訳:ふぅん。『多色でない自然の進化クリーチャー』も『多色の進化クリーチャー』も両方出せるのか)」

◆最後のヒント◆
ネギ博士「こちらが想定している解答で全ての問題を解いた場合、7枚のキーカードの存在が判るはずである。現時点でコメントを見てみると、4枚以上のキーカードに辿りついている人はいない」
わん太ちゃん「わんわん(訳:月曜日の問題は別解の方がスマートで実用的だったからだよね)」
ネギ博士「そうなのだ。ここで、最後のヒントを出す。秘宝はデュエル・マスターズに関連するものだ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:そうなの?宝石の名前とかじゃないの?)」
ネギ博士「ああ。実際にある宝ではなく、デュエル・マスターズに関連するもので考えて欲しい。あれは最近のだし、キーカードの共通点を見れば解ける……はずだ」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]