忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[699] [698] [697] [696] [695] [694] [693] [692] [691] [690] [689
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
[11/12 みみくん]
[10/30 みみくん]
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
登場人物
・ネギ博士
このブログの記事を書いている人。
・わん太ちゃん
ネギ博士の脳内にいるわんこ。

ネギ博士「ゴールデン・エイジのネーミングなら《天頂計画(ゼニス・プラン)推し!そんなこんなで、詰めデュエマAGE10の一週目1-1~1-5の答え合わせである。問題数が多いと、答え合わせも結構大変」
わん太ちゃん「わんわん(訳:がんばって書いてね)」
ネギ博士「任せておきたまえ。なお、別解と正解者の発表は後編でやるのでお楽しみに!」


・問題を確認したい人はこちらをクリック!
 
 1-1
 1-2
 1-3(マナの数の間違いを修正してあります)
 1-4(マナの数の間違いを修正してあります)
 1-5

◆1-1の答え合わせ◆
ネギ博士「記念すべきリニューアル一回目の問題である。自軍も相手も1弾のカードでまとめた問題だったね」
わん太ちゃん「わんわん!(訳:相手には《ラ・ウラ・ギガ》とか《アクア・ガード》みたいなブロッカーがたくさんいるのに、こっちは《シーマイン》2体だけだから攻撃してもブロックされちゃうよ!こっちには8マナあるけれど、ブロッカーをどかすのに《クリムゾン・ワイバーン》を使ったらこっちの《シーマイン》も破壊されちゃうし、相手には2枚もシールドがあるんだよ!)」
ネギ博士「それでも解けるのだ!まずは邪魔な相手ブロッカーを蹴散らす!あたまががったいする《ソーサーヘッド・シャーク》だ!相手のブロッカーは全てパワー2000以下なので、これで全滅だ!そして、呪文《マグマ・ゲイザー》で《シーマイン》1体をW・ブレイカーに!W・ブレイカーの《シーマイン》でシールド2枚をブレイクし、もう1体の《シーマイン》でとどめだ!」

◆1-2の答え合わせ◆
ネギ博士「相手ばかり最新の《パーフェクト・マドンナ》を4体も並べてずるい!こっちは《ラ・ウラ・ギガ》1体だよ、バカヤロー!というのが1-2の問題だ」
わん太ちゃん「わんわん(訳:マナは7あるんだよね。でも、手札にあるのが呪文1枚じゃどうしようもないよ)」
ネギ博士「ならば、手札を増やすだけだ!まずは初代殿堂入りカードの1枚《ディープ・オペレーション》!これで相手のクリーチャーの数、つまり4枚ドロー!そして、《ラ・ウラ・ギガ》を手元に来た進化クリーチャー《守護聖天ラルバ・ギア》に進化!これで相手のブロッカーは全てタップされるから《ラルバ・ギア》で攻撃してとどめだ!」

◆1-3の答え合わせ◆
ネギ博士「相手は1枚のシールドに、《バルホルス》(クロスギアだけでパワー3000追加)と《ボーン・スライム》4体《パラ・オーレシス》という厄介な状況。で、こっちは《ボルシャック・ドラゴン》と《ボーグ》2体で何とかしなければならない!さて、どうしよう!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:マナは9もあって手札3枚あるよね。自分のシールドも1枚あるから、それをうまく使うのかな?)」
ネギ博士「よし。それじゃ、やってみよう。まずは手札にある水の進化ではないクリーチャー《エメラル》を召喚!これで手札にある火のクリーチャーをシールドに仕込み、シールドから火の呪文を回収!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:でも、《エメラル》じゃシールドから手札にくわえてもシールド・トリガーは使えないよ)」
ネギ博士「ノープロブレム!まずは、手札に2枚、火の呪文があり、マナが7枚あれば何とかなる!《灼熱波》で自分のシールドを墓地に送り、相手の《パラ・オーレシス》と《ボーン・スライム》を破壊!そして、最後の呪文《カオス・ストライク》で《バルホルス》を攻撃できるようにする!さて、わん太ちゃん。この時点で墓地に何枚火のカードがあるかな?」
わん太ちゃん「わんわん(訳:《灼熱波》と効果で墓地に送った火のシールドと《カオス・ストライク》で3枚だね)」
ネギ博士「そう!この状態で《ボルシャック・ドラゴン》の攻撃時のパワーは3000増える!《バルホルス》を攻撃して相討ちに持ち込めば、邪魔者はシールド1枚のみ!《ボーグ》でシールド殴ってもう1体の《ボーグ》でとどめじゃー!」

◆1-4の答え合わせ◆
ネギ博士「相手は闇文明の《ギガスラッグ》とか《ギガボアー》みたいなスレイヤーブロッカーがいてバロムも!相手のシールドは2枚でどっちも《デーモン・ハンド》!こっちの《リュゾル》と《アリエス》じゃどうにもならないよなぁ……」
わん太ちゃん「わんわん(訳:スレイヤーブロッカーは困るよね。よし!《エンジェル・ソング》で光以外のクリーチャーを全部タップだ!そして、《アリエス》を《聖霊王アルカディアス》に進化するよ!《アルカディアス》でシールドをW・ブレイク!これでシールド・トリガーの《デーモン・ハンド》は使えないね。そして《リュゾル》でとどめだよ!博士、やっぱり《バロム》は関係なかったね)」
ネギ博士「浪漫だよ、浪漫。この方が光文明VS闇文明っぽくて格好いいじゃん?」

◆1-5の答え合わせ◆
ネギ博士「困った事に、相手のシールドは3枚ともニンジャ・ストライクで手札3枚もニンジャ・ストライク。しかも、相手のマナは無茶苦茶いっぱいあって1枚や2枚壊してもニンジャ・ストライクを使うのに支障はない!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:こっちは《ラブ・エルフィン》が4体なんだよね。攻撃しても、ニンジャ・ストライクを1回でも使われたら負けちゃうよ!)」
ネギ博士「やべー、マジでどうしよう。こっちのマナは5もあるけれど、手札は1枚だけである。これで何とかなってしまうのが詰めデュエマなのだ!マナを1枚や2枚破壊するなんてケチくさい事は言わないで全滅させる!喰らえ!《神々の逆流》!」
わん太ちゃん「わんわん(訳:これなら、相手のマナは全部手札に戻るからニンジャ・ストライクは使えないね。《ラブ・エルフィン》3体でシールドをブレイクして最後の1体でとどめだよ!)」

◆おわりに◆
ネギ博士「弾数を限定するっていうのは、深く考えずにやったんだけれど結構面白いね。詰めデュエマのテーマの一つ『最近、見かけないカードを見直す』っていうのもできるし」
わん太ちゃん「わんわん(訳:でも、やっぱり5個も答え合わせするのは大変だよ)」
ネギ博士「それもそうである。実はこういう風にすると答え合わせが大変になるのを忘れていたのだ。
さて、気になる別解と正解者の発表は後編でやるのでお楽しみに。そんな訳で後編につづく!」

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]