忍者ブログ
デュエル・マスターズについて語る非公式ファンサイトです。
[847] [846] [845] [844] [843] [842] [841] [840] [839] [838] [837
プロフィール
HN:
ネギ博士
性別:
男性
自己紹介:
デュエル・マスターズ初心者向けを意識した記事を書いています。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[03/02 木之本桜]
[03/01 木之本桜]
[02/07 木之本桜]
[05/29 K先生]
[12/25 N-W]
ブログ内検索
お天気情報
カウンター
『DM企業戦士 時任俊之助』

第三話 脅威!狙われた時任!


デュエル・マスターズのカードを使って社の命運をかけた戦い(大げさ)に挑んだ時任俊之助(ときとうしゅんのすけ)。彼はライバル会社の社員にして、小学校の時の同級生、桃太郎こと百瀬光太郎(ももせこうたろう)に勝利する。自分で作り上げたデッキで勝利した時任は自分の中で熱い何かがはじけるのを感じていた。

「暇だなぁ」
時任は会議室くらいの部屋で呟いてみた。時任以外は誰もいないので、彼の声は周囲の空気によってかき消される。広い会議室にテーブルが五つと時任の机が一つ。そして、デュエル・マスターズのカードが入った戸棚が二つあった。ちなみに、時任の机の上には、『課長』と書かれた札が置いてある。時任は一人しかいないDM課の課長になったのだ。

「え……?僕が新しい課の課長ですか!?」
出勤してすぐに人事部に行くように言われた時任は、人事部で間の抜けた声を出していた。
「そうだ。時任君には、デュエル・マスターズで戦うDM課の課長になってもらう」
プロレスラーのような体型で、健康的に焼けた肌の人事部長の説明はそれだけで終わりだった。ぽかんと口を開けて部長を見ている時任だったが、何とか心を平常な状態に戻し、部長に聞き返す。
「そのDM課ってのは、なんですか?」
「説明しただろ」
部長は余計な事を言うのがお嫌いらしい。不機嫌そうに言い返すと、手をボキボキと鳴らす。
「あ、あの~何で、DM課というのが、できたんでしょうか?」
人事部長に恐怖しながらも、それだけは聞かずにいられない。
「分からんな。取引でそのカードを使うっていう会社が増えたから、そのための人材を育成しようって事だろ」
それだけ言うと、もう出て行けというように時任をじろりと見る。一秒でも早くここから逃げ出したかった時任は早々と退散した。

こうして、DM課と課長時任俊之助が誕生した。くどいようだが、この課は時任だけしかいないので、暇である。課長になったばかりの時任はうれしさのあまり、この会議室で意味不明の踊り(時任ダンスエレクトリックという正式名称があるらしい)を踊ったがつまらないので十分でそれをやめ、今度は
「課長、お茶をお持ちしました!」
「うむ、ご苦労であった」
などと一人で言ってみたが、あまりにも恥ずかしいのでやめた。その後、時任はデュエル・マスターズのカードを買ってきて、戸棚にしまったのだ。会社の経費なので、箱買いしても懐が痛まない。しかし、誰もいないのは困る。誰か一人でも社員がいれば、対戦して時間を潰す事もできるのに。
「ふわ~あ、寝よ」
課長になった初日から寝ようとする時任。おい!この会社、本当に大丈夫か!?というより、時任がダメだ!
「うーっす、失礼しまーす!!」
時任が机で寝ようとしていたまさにその時、部屋全体に響き渡るような声と共に、一人の青年がやってきた。
「あ、なんだ。熊本(くまもと)か」
青年は熊本浩介(こうすけ)。前の課にいた時の時任の後輩だ。名前と同じように熊のような体型の男で、背が高く体つきもがっしりしているので時任の二倍くらい大きく見える。
「なんだ、じゃないっすよ、先輩!課長なんてすごいじゃないっすか!」
時任に近づいた熊本は体と同じような大きい声で話す。時任は熊本に音量調節機能をつけるべきだと思い始めた。
「まあな、俺って本当はすごい奴だからな。お前も俺を見習ってがんばれよ」
時任は単純なので、褒められて有頂天になっているようだ。情けない男である。
時任は、熊本は手にデッキを握っているのを見つけた。熊本の手が大きいので、カードが小さく見える。
「どうした、熊本。デッキ見て欲しいのか?だったら任せとけ。俺はDM課の課長だぞ」
「違うっす!このデッキで、先輩を倒すために来たっす!」
「何ーっ!」

次回に続く(こんなところで!?)

次回予告
課長になっていた時任を待っていた最初の災難。そして、最初の試練。初めて見る戦法に戸惑う事もあるだろう。だが、自分のデッキを信じて突き進め!時任!
第四話 獣人達の晩餐

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
Powered by Ninja Blog    template by Temp* factory    icon by MiniaureType

忍者ブログ [PR]